どうも問題の根幹に「サービスという概念が欠如したスタフ業務」があるように見える。
前部署を飛び出した理由の1つがこれなのだが、どうも一部署の話ではないようだ。

自分の領域をキッチリ守って、境界領域に深入りせず、問題解決は相手に任せる。単純に楽だとは思うが、これでは競合他社と戦えない。もっと言うと、その人本人も「仕事をセグメント化している」ことで、市場価値は上がらず、環境の変化次第でいきなり「用済み」扱いになるリスクが高い。

さて、どうする?

個人的には「駆け込み寺」「ハブ」的立ち位置を引き受け、境界領域に関わり、一緒に問題解決に取り組む、という「主体性を伴った、提案型スタフ業務」にその活路を見出すべき……と考えている。トータルで如何に問題解決・業務遂行を迅速に行うか、という観点で物事を考えることが出来ないスタフは「切るべき」。ロクデモナイことしか考えずに会社の業績を引っ張るスタフに存在意義などない。スタフの業績評価で必ず「如何に会社の業績・業務改善に貢献したか」を設けるくらいの勢いで構わない。

このくらいのパラダイムシフトを求めないと、いい加減ダメな段階に来ているんだがなー。

© 2018 たたかう企画スタッフにっき Suffusion theme by Sayontan Sinha