義援金を10万出してたんだけど、還付額が19,600円。
どうやらこういうことらしい。

【所得税】
 (100,000-2,000)*20%(所得税率)= 19,600

平成23年度は一旦取られた所得税から上記額が返ってくる。平成24年度は

【住民税】
 基本控除 =(100,000-2,000)×10% = 9,800
 特別控除 =(100,000-2,000)×(90%-20%) = 68,600

の合計額である78,400円が住民税から控除されるんだそーな。節税効果は19,600+78,400=98,000で2,000円の控除額を除けばMaxということになる。

ついでに持って行った特定口座年間取引報告書を使って、損金繰越控除の手続きをしてきた。
これで平成24年度の株取引の利益(出たら、の話)から平成23年度の損を差っ引いた額の課税となる。

これを応用すると、年末に損切りの判断をして、切るなら切った方が節税効果が出てくる……ということになる模様。覚えておこう。

確定申告、株やってるなら毎年やった方が良さげ。
来年は自宅でe-taxにしよう。

基本的にリーマンな身としては不要なんだけど……。
寄付と義援金は直接振り込み、これだね。

東日本大震災に係る義援金等に関する税務上(所得税、法人税)の取扱いについて

これは街頭募金などでは適用が受けられない。

「お金を託す」「計算する」といった手間も省けるので、寄付先でも直接振り込みのメリットは大きいはず。

義援金10万円で還付が果たしていくらになるか、楽しみ。
還付金を義援金に回してもいいわけだし。

実態は「切るべきを切らずにいた」のであって。

当然ながら、危機感を持たず、安寧としている当人たちの非は大きい。
同時に、育てず、導かず、外を向かない経営側の責任は重大との誹りは免れない。

チーム的にはマネージャークラスのみ、折衝相手は部長クラスばかりで若手ゼロ。
……うーん。若手の参画がないのは本格的に不味いんじゃねーの?

ウルトラゾーンでやってる「怪獣漫才」が面白すぎる。

円谷オフィシャルでこのセンスは脱帽。

© 2018 たたかう企画スタッフにっき Suffusion theme by Sayontan Sinha