ヤマダLABI新橋の中にツクモがあり、ここでRaspberryPiの取り扱いがあります(ケースやカメラモジュール、Development Kitもあった)。で、ここはヤマダ電機の株主優待とポイントが使えます(2018年3月4日時点情報)。

3B本体が税別5000円ちょいと、RSコンポーネンツやKSYなどの代理店直販よりも絶対額は高いです。しかし、ヤマダの株主優待は「税込1000円毎に500円券1枚が使える」という、理論値でMax半額というステキ仕様(※端額は必ず出るのできっちり半額、はまず無理)。なので、持ち出し3000円程度で3Bが買えてしまいます。おお、安いじゃん。

ヤマダ電機株は本エントリ投稿時点では一単元66400円。これで500円優待券が上期末確定:4枚/年度末確定:2枚もらえ、長期保有でさらに枚数が増え、Maxで上期末確定:5枚/年度末確定:6枚。保有株数によってベースは上がりますが、最も優待利回りが良いのは「一単元保有」。

毎期3Bを自己負担3000円程度で買い増し可能になります。
何気に美味しい。

セキュリティ人材とやらが不足しとるそうなんだが……。出番?

電話機4台持ち歩いてます、とか、フツーは「何考えてんだコイツ」となるわな(笑)。

・N-02C(ドコモガラケー、平均1,600円/月)
家族間通話+受話+メールし放題。

・SOCIUS(ウィルコムPHS、1,450円/月)
発信(だれとでも定額)+メールし放題+対大規模災害。

・MEDIAS N-04D+IIJmio(ドコモMVNO、945円/月)
単体データ通信専用。

・AQUOS PHONE SH-06D+とくとくBB株主優待LTEプラン(イーモバイルMVNO、実質約1,800円/月)
テザリング専用機。「単体でスピードテストが可能な3Gルータ」としてのみ運用。外でPCとAndroidタブレットを使うとき用。

断言するが「用途で分けて複数持ちの方が安上がり」である。

お試しで受けた「ITストラテジスト試験」が……。


何と初受験/一発合格という驚異の結果に。
2年前のITサービスマネージャの奇跡が再び。

■論文試験無対策(ぶっちゃけ『ぶっつけ本番・一発勝負執筆』)

■午後I試験対策にさらっと対策本を一通り読んだだけ

なんですけど……。 <またもや本人が一番驚いている

さらっと統計資料に目を通したら、

■合格者713人/受験者7359人で合格率14.0%

■合格者平均年齢39.2歳/応募者平均年齢39.7歳 <35歳合格は若い方に入る

とのこと。「こんなに早く取れるとは思ってなかった」が率直なところ。

論文ネタはこの1年苦労している、社内情報発信集約・標準化領域の話。確かにどう戦略を立てて進めていくか、といったことは常に問われている……気がする。2010年のITサービスマネージャ試験と同様、業務経験から論文をスラスラ書けるかどうか、が合否の分かれ目なのだと改めて実感。

とりあえず「めざせCIO」的にはITストラテジストの称号は結構強い。今度名刺作るときはITストラテジスト/ITサービスマネージャを併記しちゃるわ。

ちなみに合格報告を上司にしたところ、「んじゃ適任だね」と、上司主導のPJチーム(これはこれで凄くヘビーなやつ)に引っ張り込まれそうになった(笑)。

今月がBIGLOBE WiMAX(年間契約)の更新月で、GMOインターネットの株主優待を利用して「とくとくBB」のWiMAXに乗り換えるつもり……だったんだけど、

株主優待制度変更のお知らせ(GMOインターネット)

渡りに船……な話と思いきや、これは最速で2013年4月利用開始くらいのサービス。「とくとくBB」のWiMAXは「2年縛り」で途中退会の違約金が非常に高額(16,000円くらい)なので、いま乗り換えるのは非常にリスキー。既存ユーザーの株主優待プランへの移行パスが設けられるかもだが、その保証は今のところどこにもない。

対応策はこんな感じ。

①BIGLOBE WiMAXを一旦退会、月契約で契約し直し、半年凌ぐ
②BIGLOBE WiMAXを年契約で継続、半年後に違約金を払って途中退会する
③違約金なしのドコモMVNOな3Gをルータ(別購入)で使う

「月額料金を上げる」「年契約で違約金を払う」「WiMAXを一旦やめる」の3択かな、と。③は半年凌ぐ用途でルータを買う時点でアウト。①は月額大体プラス1,000円、②は月額維持で半年後に違約金が5,000円くらい。

……あぁ、②が最安なのか。意外な感じ。万一「とくとくBB」プランが乗り換えに値しない(※可能性としては非常に低いが)場合のリスクヘッジにもなる。これで行くか。

しかしまー、GMOインターネットの株主優待もドコモMVNOも「知らないと大損」な話。よく「何でそんなこと知ってるの?」と言われるが(汗)。

© 2018 たたかう企画スタッフにっき Suffusion theme by Sayontan Sinha